c

     
フーレセラピーは体験してみて初めてわかる、全く新しい癒しの技術です
TOP プロフィール フーレとは? 耳つぼ menu ご注意 地元のお店 フーレリンク にっき・お知らせ
     

“ Foulee + Therapie ” 
足で踏む(東洋)    癒し・療法(西洋)

     
東洋と西洋を合わせた欲張りなマッサージ!

フーレセラピーとは?
セラピストが足の裏を使って、全身をやさしく揉もみほぐし、 血液・リンパ液の流れを改善し、自然治癒力を高めていく美容健康法です。
「血流が悪いと何かしらの不調が出る」とよく耳にしますよね。フーレは血流改善を中心に考え、
特に下半身を丁寧にほぐします。
なぜ下半身?
心臓から送り出された血液は栄養や酸素を体中に運び、二酸化炭素や老廃物を回収して
心臓に戻り、また新しい血液を運び出します。
血液を心臓に戻すのは筋肉の収縮です。しかし疲労や低下によって筋肉がポンプの役目をきちんと果たせず、血液は心臓に戻りにくくなり、血流が悪くなるのです。
自分の血流を想像してみてください。元気に流れていますか?
想像しただけでも足に悪い血液がたまってそうですよね。
「どうりで足の先は冷たいのか!」「だから肩まで凝ってくるのか!」
フーレで下半身の筋肉を刺激することにより、血流が改善されどんどん心臓に血液が戻り、どんどん新鮮で温かい血液が送り出されます。
その結果、体が温まり、冷え性やむくみ・肩凝り解消など色々な効果が期待できるということです。
個人差はありますが、血流が良くなる実感をその場で感じていただいております。
踏むだけなの?
フーレセラピーは東洋的な理論の経絡(ツボ)+西洋的理論の反射区などの考えを合わせた今までにないマッサージです。
踏むだけでなく、押したり、撫でたり、揺らしたり〜
指で行う点での刺激と違って、足裏の広い面を使うので、本当に「足なの?」
とはじめての不思議感覚にびっくり!
でも終わるころにはきっと夢の中・・・

 フーレセラピー3つの特長

1.結果が早く出る
 ・足の広い面を使うので効率が良い
 ・手の3〜4倍の圧力で筋肉をほぐすので効率がよい
 ・足の裏からは手の数倍が出ている
2.痛みが無く、もみ返しがほとんどない
 ・手のでの刺激ではなく足のを使うので痛くない
 ・心地よいリズムで全身を気持ちよく刺激
 ・一部でなく全身を短時間でほぐせる
3.ダイエット効果大
 ・血流が改善され代謝UP。老廃物の排出が盛んに
 ・リンパ液の流れがスムーズなり、健康増進
                                     

 
フーレセラピーの技術紹介(一部)
足の付け根(むくみの解消)
疲労の蓄積しやすい足の付け根をほぐし
下半身の老廃物が流れやすくなり
むくみの解消につながります。
膝下(部分痩せ・冷え性)
血流が悪く冷えやすいスネの部分を
ほぐし、代謝が良くなり冷えの解消
やふくらはぎと足首が引締まります。
お尻(腰痛・骨盤の歪み)
お尻の筋肉を刺激することで
骨盤の歪みを矯正し、腰が楽になって
効果が期待できます。
肩の付け根(部分痩せ)
肩の筋肉を刺激することで筋肉の
引き締め効果があり二の腕がスリム
になる期待ができます。
肩・肩甲骨(肩こり)
肩の凝りに直接足を当ててほぐし
筋肉中の老廃物を流すことで
肩こりの解消につながります。
足の裏(冷え性の緩和等)
反射区をくまなく刺激し足先まで
血液が行きとどき、冷え性に効果的。

フーレセラピーの技術は見よう見まねで行うとケガなどにつながる場合がございますので絶対にマネをしないでください。



足で踏むといっても、ちゃんと力加減を
しているので
恐がらなくても大丈夫です。
痛くないのがフーレセラピーなんです。
心地よく、リズムよく・・・・
リラックスして眠むってしまうかも。
    
 効果・改善が期待されること
肩こり、高血圧、低血圧、冷え性、二日酔い、腰痛、イライラ、膝痛、首のこり、不眠症、
足のむくみ、疲れ、生理痛、便秘、慢性疲労、他

 フーレセラピーは健康維持・増進を目的として、
病気そのものを治す医療及び治療行為ではありません。
 
効果には個人差があります。